静岡県東部の富士市にある眼科、内科診療所。日帰り白内障手術、糖尿病、甲状腺疾患を中心に眼科、内科、健康診断、予防接種など
加藤医院
静岡県の富士市の眼科と富士市にある内科病院
眼科
内科
総合案内
施設案内
アクセスマップ
診療カレンダー
お問い合わせ

   
診療科ご案内
眼科の病気
内科の病気
富士市の眼科3歳児健診

富士市の眼科3歳児健診


3歳児健診の重要性

生まれたばかりの赤ちゃんの眼は「形」はほぼ完成されています。しかし「視力」や「両眼を使って物を立体的に見る」といった眼の「機能」は、完成されていません。

眼の機能は生後から6歳ぐらいにかけて発達していきます。この時期に強い遠視・近視・乱視(屈折異常)や、眼位のずれ(斜視)などがあり、眼のピントがあっていない状態にあると、視力などの眼の機能はうまく発達しません

眼の発達期間に行われる「3歳児健診」は、眼の発達を妨げる原因を早期に発見し、早期の治療につなげるために重要となります。

また、治療の時期が遅れると眼の機能が充分に発達しないことがあるため、この時期に検査をすることがとても大切です。
富士市の眼科3歳児健診

3歳児健診の検査内容
現在、富士市の3歳児健診では、医師により眼位・前眼部(まつ毛・角膜など)の検査を行います。

また、視能訓練士によりオートレフラクトメータという機械での屈折検査を受診者全員に実施しています。

これにより、遠視・近視・乱視がどの程度あるのか判定しています。
現在、加藤医院では富士市3歳児健診に医師・視能訓練士が積極的に参加しています。

当院では日頃から精密な屈折検査、お子様でもわかりやすい様々な視力検査、立体視検査を行っておりますので、2次検査の指示があった場合には早めの受診をおすすめします。

 

 
 
Copyright (C) KATO Eye & Medical Clinic All Rights Reserved.